がん三大治療について

がん三大治療について

くずは統合医療クリニック HOME > がん三大治療について
  • 当クリニックのがん治療が適している方

    1 . 三大治療ができない方
    2 . がん治療の副作用を少なくしたい方
    3 . 良好な体調を維持しながらがんの克服を目指す方
    4 . 三大治療以外の治療を希望する方

    有効な抗がん剤や放射線治療がある場合は併用を推奨します

◆ 治療のケース 事例 ◆ 難病・特定疾患 ◆ パーソナルプログラム ◆ 患者様の声
◆ 採用 ◆ 再発予防・未病 ◆ 疾患について
  • がん治療の現実

    米国では  がんになったら三大治療か代替医療か どちらにしますか?
    と聞かれます

     
    あなたは どちらを選択しますか?

    当クリニックでは 
      メディカル パーソナルトレーナーと一緒に 
    考えるところから始めます

     
    さて 日本では一般的ながん治療として、 
    手術、放射線治療、抗がん剤治療の三大治療が 
    主流です。
     
     
    これらは「局所療法」とも言われ、 
    がん細胞を狙い撃ちして排除することが目的です。 
     
    手術は、がんの部位を手術で切除します。 
    放射線治療は、病巣に放射線を照射してがんを死滅させます。
    抗がん剤治療は、薬物を投与してがんを死滅させます。

     
    実はこの「三大治療」こそ、 
    人間の細胞自体を壊滅させ、免疫力を低下させ 
    がんの治癒を阻む最大の原因となっているのです。 
     
    日本ではがんに罹患された方の85%が 
    この三大治療を選択します。
     
     
    しかし米国では8%。 
    カナダに至っては3%の患者様しか選択していないという 
    現実があります


     
    がん細胞は起因から考えても 
    ミクロの世界であり手術で採取するには 
    限界があります。
     
    手術したことによって 
    他の組織にがん細胞が散ってしまうことも 
    考えられます。

     
    放射線照射は 
    どんなに局所を狙っても 
    クラッシュ・シンドローム 
    (破壊症候群)という現象が起き、 
    組織破壊が進み免疫力が低下します。

     
    抗がん剤投与は、 
    がん細胞のみならず健常細胞も区別することなく 
    殺してしまいます。
    この三大治療では、 
    がんを根本から治癒させることができません。

     
    従って治療というより延命といったほうが適切です

     
    最近では検査技術が向上し、 
    極小さながん細胞を発見することが可能となり、 
    早期の段階で手術が行われるようになったため 
    「がんの再発率が下がってきた」と言われています。
     
     
    しかし、がんの治癒率が上がったわけではなく、 
    未だに抗がん剤の投与による副作用に 
    苦しみながら亡くなられていく罹患者様ばかりです。

     
    アメリカ国立がん研究所では 
    「抗がん剤では、がんは治らない」と発表し、 
    その後は「抗がん剤は 
    増がん剤である」とまで断言しています。

     
    くずは統合医療クリニックでは 
    患者の自然治癒力を高めることによって 
    「がんは克服できる」と考え 
    パーソナルな医療を組み立てます。 
     
     
    お一人で お悩みにならず  
    お気軽にご相談くださいませ 
     
     
    がんを克服した経験のある 
    メディカルパーソナルトレーナーが 
    ご相談に応じます 
     

当クリニックのがんの統合医療

 
余命○○です 
 
 
絶対にそんな言葉を受け入れてはいけません。

人は決してがんで死んではいけない、 
がん細胞は最強の細胞ではありません。
がんになってしまった原因や 
がん細胞の本質を知れば怖くないのです。


人の身体のもつ素晴らしいシステムや 
奥深い生命については現代医学を持ってしても
全てを掴んでいるわけではありません。


私たちには  
私たちが考えている以上に素晴らしい力を 
内在しています。

 
生命が誕生してから 
35億年かけて作り上げた自然治癒力は、 
私たちの思考を超えています。


この3~4年の間に 
周りでたくさんの友人や知人が 
がんに倒れそこまでやりますか?

 
と言いたくなるくらい抗がん剤に 
放射腺治療が行われ
彼らはまるでがんと戦っているというより 
抗がん剤や放射腺治療と戦っているように見えました。


当クリニックでは、 
エビデンスに基づいて 
患者様の自然治癒力(治る力)を
最大に発揮する医療を目的としております。


有機性コロイドヨード療法 
生活習慣改善療法 
食事療法(ハーブサプリメント)
植物療法
 
 
ハーブ免疫療法
潜在意識療法 
水素療法、音楽療法などから
パーソナル(個人に合わせた)プログラムを組み立て 
副作用のない
最新のがんの統合医療をご提案します。

 
がんは不死の病いではないのです 
  • 【水素療法】

    活性酸素が、がんや生活習慣病の原因であることは明らかな事実です 
    活性酸素の中でもヒドロキシルラジカルという活性酸素は 人の体には消去できる酵素がありません 
    この活性酸素は 他の活性酸素のようにポリフェノールなどの抗酸化物では 
    消去できないという事が知られています 

    ①シスプラチンなど腎毒性の強い抗がん剤による副作用を緩和します
    ②手術前後に水素療法により 内蔵及び体組織の損傷や炎症を抑えることが可能です
    ③がんだけでなく 透析や糖尿病の患者様にもおすすめできる療法です



  • 【ハーブ免疫療法®】 1回/約2時間

    ハーブ免疫療法®は 商標登録された技術です

    生薬草を使った全身のリンパドレナージと赤外線温熱による免疫力を活性化する療法として
    専門家や海外からの評価が高い療法です

    脾臓で増殖したナチュラルキラー細胞をいち早く全身にながすことによって
    身体のすみずみまで免疫細胞を送り込む方法です。 
    潜在化してしまった治癒能力を回復するために
    自律神経の調整 老廃物の排泄 生薬草の有効成分をいち早く全身に送り届けるための施術です

    活性酸素ヒドロキシルラジカルが消去され 少なくとも3日間は保っているというデータが出ています

    がん治療中 治療によるストレスの緩和 再発の予防などに

    ハーブ免疫療法® ¥38,000(税別)


  • 【リンパ浮腫】 1箇所(腹部or下肢or上肢)

    リンパ郭清によるリンパ浮腫のケアです
    リンパ浮腫は 部分的な問題であるとお考えの方が多いと思われますが
    実は 全身的なケアが必要な症状です

    1部分 ¥20,000(税別)
    全身  ¥50,000(税別)


                          【ご相談はコチラ】


  • 【生活習慣改善療法】

  • 【食事療法】ハーブサプリメント

  • 【パーソナルトレーナー】

  • 日本のがん三大治療について考える

    ここ数年、日本ではがんでの死亡率が第1位を占め、がんの罹患率は二人にひとりと言われています。
    日本では、がんになると三大治療が当然であり、他を選ぶ余裕も情報もないというのが現状といえます。

【外科的治療】 がんの患部を直接切除する。

痛みを伴い時期を過ぎると再発、転移の危険性が増大することもある。

外科的に解決できないがんも多い。

手術自体でがん細胞をまき散らすことがある。

生活習慣病‥文字通り生活における習慣によって起こる体調不良のことです
悪いとわかっているけれど‥なかなか‥といった言い訳の先に来るべくしてきた疾患と言えます
現在 あなたを悩ませている体調不良の原因をカウンセリングの中でみつけ改善して頂きます
あなたが良かれと思っていたことに原因があった!などということはよくあるお話なのです
まずはパーソナルトレーナーにご相談ください

子供や高齢者には適用できないことが多い。

臓器を失うことによる肉体的、精神的ダメージが大きい。

手術自体のミスを伴う危険がある。

【放射線治療】 がん細胞そのものに放射線を当て、直接がん細胞を死滅させる。

  • 【コロイドヨード療法】

    抗ガン効果と免疫回復効果のメカニズム

    脾臓の交感神経を抑制することにより免疫細胞であるナチュラルキラー細胞を増殖させることに着目しました。
    身体の外側で増殖させて戻すのではなく自身の身体で増殖させる療法をとります。
    関西でもコロイドヨード療法を受けることができるようになりました。
    コロイドとは1~100ナノメートルという大変小さな粒子に加工され、細胞が取り込みやすい微粒子を指します。
    コロイドヨードの効果を最大に高めるためには、飲用の方法や量、静脈注射の回数については、病状によって変化させることがもっとも重要です。
    大部分の患者様は、3ヶ月間の短期決戦となっておりますが、 
    まず1ヶ月の療法のあとの結果をみて、次を決定していくことをおすすめしています。

    有機ヨード療法についての詳しい資料をお送りできます
    【資料請求(DVD付)¥1,800(送料・税込み)】

適用できないがんが多い。

正常な細胞にも大きなダメージを与える。

強い副作用で苦しむ。

治療を行う医師の技術にかなり左右される。

【化学療法】 抗がん剤の投与でがん細胞の活動を抑える。

正常細胞をも殺してしまうことが多い。

効果も期待するほどではないものが多い。

精神的にも肉体的にもかなりの苦痛を伴い、改善しても食事や生活の制限など多くのデメリットがあるのも否定できません。
そこで、デメリットの少ない治療法として脚光を浴びているのが【代替療法】です。
代替療法とは現代医学が切り捨ててきた治療法を指します。

お気軽にお問い合わせ下さい。- くずは統合医療クリニック -